医療安全管理指針

 
  • HOME
  • 医療安全管理指針

医療安全管理指針

1. 医療安全管理に関する基本的考え方

当院の役割は、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することである。しかし、日常の診療場面では、医療従事者の不注意や、コミュニケーション不足などから、患者さまの安全を損なう可能性もある。当院では患者さまの安全を確保するため、常日頃から、職員一人ひとりが事故を未然に防ぐための努力を行い、患者さまに信頼される医療サービスの提供と質の向上を求めていく。 こうした基本姿勢をベースにした医療安全活動の必要性、重要性を全部署および全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行う。

2. 医療安全管理体制の構築

当院における医療安全対策を推進するために、医療安全管理委員会(以下、「委員会」という)をおき、毎月1回定期的に開催して下記の事項を審議決定する。 また、委員会の下部組織として医薬品管理部会および医療機器安全管理部会を設置する。

  1. 医療安全対策の検討および推進
  2. 医療事故・インシデント等の院内外の情報収集
  3. 医療事故・インシデント等の分析および対策立案
  4. 院内の医療事故防止活動および医療安全に関する職員研修の計画立案
  5. 医薬品の安全管理体制の確保
  6. 医療機器の保守点検・安全使用に対する体制の確保
  7. 医療安全対策ネットワーク事業への報告および活用
  8. その他医療安全に関すること
3. 医療安全管理を目的した改善方策

医療事故等が起きた場合は、インシデント・アクシデント報告書を実施要綱に基づき報告する。 委員会は、報告に基づいた情報を分析し、再発防止策・予防対策を策定し、職員に周知する。また、各部門での実施状況を把握し、再発防止策・予防対策の評価を行う。

4. 医療安全管理のための規程・マニュアル等の整備

医療安全管理のため、「医療安全管理委員会規程」「医薬品管理部会規程」「医療機器安全管理部会規程」「医療安全管理マニュアル」「医薬品の安全使用マニュアル」「医療機器管理マニュアル」を具備する。

5. 医療安全管理のための研修

委員会において策定した計画に基づき、全職員を対象とした医療安全管理のための研修を年2回以上開催する。 研修の方法は、院長の講義、外部講師による講義、事例分析、外部の講習会・研修会の報告等の方法によって行う。研修の実施内容について記録・保存する。

6. 自己チェックの実施

職員の啓蒙を計るため全職員を対象として毎年4回、委員会が策定した「自己チェックシート」に基づき、自己チェックを行い、その結果を職員に公表する。

7. 重大な医療事故の発生時の対応
  1. 医療側の過失によるか否かを問わず、患者さまに望ましくない事象が生じた場合には可能な限り、まず当院の総力を結集して、患者さまの救命と拡大防止に全力を尽くす。
  2. 事故の発生に関しては、事故の状況、患者さまの現在の状態等を院長等へ迅速かつ正確に報告する。
  3. 事故発生後、救命措置の遂行に支障を来さない限り可及的速やかに、事故の状況、現在実施している回復措置、その見通し等について、患者さま本人、家族等に説明を行う。
8. 患者さま等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

医療事故防止対策に対する理解と協力を得るため、当院ホームページに掲載し、患者さまとの情報の共有に努める。
本指針についての照会には、医療安全管理委員長、または医療安全管理副委員長が対応する。

9. 患者さまからの相談窓口の設置

診療方針や看護体制に関する患者さまからの相談に対しては、受付担当者を配置し誠実に対応する。

10. その他
  1. 委員会は少なくとも毎年1回以上、「本指針」「医療安全管理委員会規程」「医療機器安全管理部会規程」
    「医療安全管理マニュアル」「医療機器管理マニュアル」の見直しを議事として取り上げ検討するものとする。
  2. 医療安全管理の推進に係る重要方針は、院長の決裁を受けるものとする。指針の見直し、変更についても同様とする。
11. 付則
  1. 平成14年 8月 施行
  2. 平成16年 4月 一部改訂。開示、公表等。
  3. 平成16年 11月 一部改訂。重大な医療事故の対応。
  4. 平成17年 12月 介護病床における事故発生時の報告要領追加
  5. 平成19年 5月 一部改訂。医療機器安全管理部会設置。
  6. 平成21年 12月 全面改訂。